生きがい支援協会とは

基本理念

退職教職員の生きがい支援を目指して

 社会の高齢化の進展とともに、高齢者が求める福祉ニーズは多様化しており、高齢者に対する福祉事業については、より幅広い展開が求められています。特に退職後その活動の場を地域社会に求められず、孤立する退職者の姿が大きな社会問題となっていますが、退職教職員についても同様の問題が存在することは否定できません。
 また、平均寿命の伸長に伴い、退職後に与えられた時間は、まさにシニアライフと呼ぶにふさわしいものであり、このセカンドステージをより有意義なものにするためには、健康で生きがいを持ちつづけることが何よりも重要となりました。
 当財団はこうした環境下にある退職教職員のシニアライフを応援するために、「生きがい支援」「健康支援」「経済生活支援」を3つの柱とした幅広い福祉事業を展開してまいります。 特に、生きがいづくりの支援を重要事業と位置づけており、より多くの退職教職員の協力・参加のもとに、事業の実践を目指していきます。

設立年月日 2001年6月25日(2013年4月1日 一般財団法人に移行)

所在地 東京都新宿区富久町8-21 T&Tビル8階

事業運営の基本方針

  1. 国公立私立学校等すべての退職教職員が参加できる組織を目指します。
  2. 退職教職員の多様な意見を事業に反映し、少数意見も取り込めるよう事業の運営を図ります。
  3. 活動の中心に地域を置き、その運営は退職教職員によるボランティアを主体とします。
  4. 女性の意見・参加を尊重し、男女共同参画による事業運営を目指します。
  5. 現職時代のタテ関係に縛られない、肩書きのない新たなコミュニティの創造を目指します。

協会概要の目次