刑務所における教科指導

 刑務所に収容されている受刑者の中には、読み書き、計算等を始めとする基礎学力に乏しく、出所後の社会生活において不自由が生じる人も少なくありません。また、出所後の進学や就職に向けて高等学校卒業程度認定試験の合格を目指している人も多数います。
 このような受刑者の学力を向上させることは、出所後の就職や進学などの可能性を拡大することにつながり、改善更生及び円滑な社会復帰を図るために大きな意義があります。
 そのため、刑務所では、受刑者の基礎的な学力を向上させるため小・中学校の教科の内容の指導を行い、また、施設内で高等学校卒業程度認定試験も実施しています。
 そこで、刑務所では、教科指導をしてくださる方を募集しています。募集している指導教科、地域等の詳細は、全国退職教職員生きがい支援協会のホームページに掲載していますのでご覧ください。また、ホームページに掲載されていない地域の刑務所でも今後募集する場合があります。
 つきましては、教科指導にご協力いただける方は、「氏名・住所・電話番号・年齢・性別・指導可能な教科」を記載の上、郵送またはFAXで以下の連絡先にご連絡ください。(受理した文書は、教科指導の協力依頼以外の目的には使用せず、1年間保管後廃棄します。)。条件が合致する場合は、後日、各刑務所からご連絡させていただきます。なお、条件が合致しない場合はご容赦ください。